<続き 都会だから不幸ではない>

前回の記事で、田舎が目指すのは、GNH(幸福量)を
増やせ、そのためのイノベーションを起こさねばという
話でした、端的にいえば笑

 しかし、じゃあなんで若者が都会に行くかといえば、
田舎がつまらなく、閉塞的で、魅力的ではないからで、
日々メディアに見る<TOKYO>が都会が魅力あるように
思うわけです。

また、勉強ができる子ほど、野心がある子ほど、
上に行きたいので、当然都会を指向します。

考えれば、当たり前のことで、都会は楽しく
魅惑のある場所なんです笑

ということは、都会だって、面白くて幸福度数も
高いんです。

じゃあ田舎と都会の幸福度は同じ質のものか。
そして量は?

当然、「質」は違います。

消費によって幸福を感じることができるものが
たくさんあるのは、もちろん<都会>です。

そして、選択数が多いということは、「量」も多い
というころです。

しかし、決定的に抜け落ちているのは、
<田舎が持っている幸福の質>です。

つまり、コンクリートジャングルがもたらす環境。
里山里海がもたらす環境。この違いがもたらす
環境差。これが幸福の質と量の差異を決定づける要素
になります。

だから、田舎は自然がもたらす幸福度の高さが
一つの強みです。
*しかし、これは田舎と都会の両方を経験しないと
差異がわかりません。ですので田舎しか知らない
子供は都会を目指し、都会しか知らない子供は
田舎を物珍しく思えるのです。

とはいえ、国土の7割が山で、海に囲まれた日本で
自然は、都会以外にありふれているものです。

ですので、自然がもたらす幸福度数というのは、
田舎同士を比べてみても、それほど変わりません。

つまり、団栗の背比べ程度の差でしかありません。

また、特別に美しいところは、すでに観光化されて
おり、ここも違った意味で、田舎ではありません。

ということは、田舎の幸福度数を高めていくに
あたって、この<どこにでもある自然>を前提に
どのような幸福度の質と量を高めていくのか、
そこにアイデアと戦略性をいれていく必要がある
のです。ここが地方創生の<キモ>になります。

もう一つ、都会と田舎の違いであげられるのは、
<人情>です。

けれども、都会にも田舎にもいい人はいるし、
わるい人もいます。田舎には、外からくる人を
毛嫌いするところだってあります。

そういう意味では、人も等価です。

では何が都会の人の心をくすぐっているかといえば、
<異文化同一民族>の持つホスピタリティなわけです。

田舎の多くは<方言>を用い、都会にはない<祭り>
や<風習>があります。つまりは、<異文化>なわけ
です。

とすれば、異文化をどれだけ押すことができるのか、
異文化を演出できるのか、そこに人情味をより活かす
ポイントがあります。

しかし、ただの異文化ではまったく意味がありません。

というのも、若者が、時間軸で遠い異文化である
歌舞伎や狂言などに興味をビシバシ感じるかといえば
ほとんどの子が持てません。国語で学ぶ古文や漢文に
興味をいきなり持てないのと同じようなイメージです。

とすれば、異文化同士でありながら、何かしら、
<興味を持つ>ための仕掛けがないといけません。

つまりは、都会の人にもわかりやすい<通訳>する
作用をもつものを間にはめなければなりません。

それの一つが、<かっこよさ>だと考えています。

例えば、異文化の英語を使うことを<かっこよさ>と
感じています。
お店の名前だったり、お客様のことをクライアントと
いったり、ゲストといったり。クラウドファンディングや
インフルエンサーだとか、まあ、いろいろあります。
*ひらがなで書くと、またダサくなるのもおもしろくて
くらいあんと・げすと・くらうどふぁんでぃんぐって
書いてみるとよくわかると思います笑

つまり、かっこいいと認識すると、その異文化を
取り込もう、身に着けよう、触れてみようと考える
習性にあります。これは日本だけでなくて、漢字が
他国の人にとって、かっこよく見えるのと同じです。

つまり、<かっこいい>と思えるかどうか、自分の
価値を引き上げるものであるかどうか、そういう観点で
我々は、異文化を消費しようとします。

とすれば、田舎文化を<かっこよくさせる>。

これが、一つの解法のように思います。

例えば、全国の田舎で受け入れられている
古民家リノベーション物件などを思い出してみて
ください。

どこもデザイン性の高い<かっこいい>ものが受け
入れられているはずです。

しかし、このかっこよさも、かっこいいだけを
都会と同じようにやっても、ダメです。

異文化 + かっこよさ + 人情味

この方程式です。

田舎に求めるのは、都会にはない、濃密な
コミュニケーションです。

そして田舎の人が持っている<よそ者への優しさ>。

もし、東京のおしゃれなお店がそのまま移築して、
マクドナルドのような接客をしても、たぶん、山奥の
田舎ではウケないと思います。

さて、復習です。

田舎が都会と異なる幸福度数を高める意味で、

+++++++++++++++++++++++
<自然>+<異文化>+<かっこよさ>+<人情味>
+++++++++++++++++++++++

この方程式を上手にいかすことが、ボクにとっての
一つの地方創生方程式です。

ただし、これをイベント(=非日常)でやるので
なく、日常化させておくのがポイントです。

地方創生の方程式は、日常を非日常化させる<祭り化>
ではなく、非日常を日常化させる<祭りの日常化>という
試みです。

多くの先進地域は毎週のように毎日のように、何かしら
イベントがあったり、人が溢れていたり、つまりは、
<日常=非日常>になっています、ほかのエリアに比べると。

そういう意味では、イベントを町おこしと考える
手法はボクにとっては<地域活性>ではあっても、
<地方創生>ではないです。
例えば阿波踊りみたいに4日間110万人訪れたとして活性化
したとしても、残りの361日がダメならば、それは地方創生
じゃないという考え方です。

つまりは、地方創生というのは、田舎の文化をより
成熟した異文化として日常を変えていくものだと思う
のです。

ですから、僕が取り組んできた、シェアハウス、シェア
カフェ、シェアバー、ゲストハウス、古民家レストラン
などはすべて<日常を変える装置>です。

cafeのなかった街にカフェができ、レストランとゲスト
ハウスができることで、街の雰囲気が変わる。また、
この数年で新規事業がどんどん生まれる文化になって
きました。

こういう日常の営みを切り替えていくことが、
ボクにとっての地域再生方程式の土台です。

<資本主義の成熟化の2方向>

IT系の会社の動きをみていると、より世界をフラットに
国境をなくす方向に動き、僕らのようなスモールビジネスの
世界では、地域に密着していこうと逆の動きに成熟度を
増そうとしている。

どっちが強いかといえば、圧倒的にIT系の動きで、
ネットによって、より強いもの同士の組み合わせが
できやすくなり、その恩恵を田舎でもかなり受ける
ことができる社会になり、ありがたい。

Amazonや楽天を使えば、いくらでも物は買える。
googleのおかげで情報も入手しやすい。
またフェイスブックなどのSNSのおかげで口コミが
可視化しやすくなり、上勝のような田舎のほうでも
飲食店が成り立ちやすい環境もそろった。
また、神山のようにサテライトオフィスという
やりかたで、どこでもいつでも仕事ができる環境も
生まれ、成熟した働き方も田舎でできるようになった。

資本主義の異なる2種類の成熟化があれども、
これまでの小さな家業、中小企業のスタイルにも、
その融合がやりやすくなったといえる。

その反面、強いもの同士の結合が、より格差を
産みやすくなるのは当然の理屈で、ピケティの論を
またずとも、実感として感じられるぐらいまで
広がろうとしている。

よりビジネスにおいて強者になりやすいのは
質の高い長時間労働できる人材で、これは独身者の
ほうが適している。家族においても、経済的強者こそ
昔ながらの男は働き、女が子育てするという仕組みが
成り立ちやすく、夫婦共働きで子育てコストがかかる
ならば、一人っ子でいいかなと思いやすい環境ができ
あがる。また、究極の青田刈りで、若年期での勝者を
優遇する教育評価制度になっているために、より一人の
子供に教育費を投入し、勝ち抜けできるように親の
心理は働くために、少数精鋭型の家族環境を作るように
なりやすい。
また、個人の消費を最大化させようとする資本主義の
進化の方向性では、個人が満足しやすいように環境が
できあがっていくので、当然ながら、独り者でいる
ほうが消費サービスを受けやすい。

こういうふうな仕組みになっているので、少子化を
脱するのは難しいので、勝者の定義を変える方向に
かじをもう一つ用意する必要があって、経済的幸福
よりも<違う幸せ>があるのだという方向に舵を
僕らはとろうとしている。

つまり、田舎でやるべき戦略は、経済的幸福の
正反対の幸福ブランディングで書き直しを行うこと。
ある一定の経済的幸福の上限を決めて、必要
以上に競争に巻き込まれないようにし、幸福係数を
最大化させるように動くやり方である。

わかりやすくいえば、年収700万もらって満員電車
で通い、競争にさらされ働くために生きるよりも、
年収350万で、田園・里山でゆったりやりたいことで
暮らす生き方をするといった考え方。

イケダハヤトさんがよくいっている、「いつまで
東京で消耗しているの?」っていう幸福定義の
書き直し戦略がその好例だ。

ところが、頭のいい人はこの戦略の穴を見抜いていて、
<安定し、かつそこそこいい給料のいい>公務員を田舎で
目指すようになるわけで。

これがいまも続く、田舎の勝ち抜け戦略<目指せ公務員
理論>。

ここをできれば崩していきたいんですよね笑

<不安定だけど、都会並みに儲かる>
<安定して、都会並みに儲かる>

これもう少し言い方変えると、
<幸福で、都会並みに儲かる方程式>を
いかに作るかが、次の一歩にかかっているのかなと。
そのなかで、幸福を妨げるような競争や、長時間
労働すぎるのではだめだし、儲けたけど不幸というの
じゃ、意味がない笑。

だから、まずはビジネスとしてきちんと儲けられる
アプローチをきっちりやりたいし、なおかつ、家族に
なって子供を産むのが楽しくてしょうがない環境を
どのように作ればいいのかを組み立てなければならない。

と、ここまで書いてみましたけど、何が言いたいかって。

ようは、いろどりビジネスって、この幸福で都会並み
に儲かる仕組みが作れそうな、あと一歩まで来ている
ビジネスなんですよね、

ただ、妻ものの全体市場が3億円で、おおよその上限が
決まっており、全員が全員、メディアでよく聞くような、
年収1千万になんてなることはないし、スキルと資産の
蓄積がものをいう農業の本質から言うと、新規参入者は
儲かりにくい構造です。

だから、ここの課題をどうやって突破できるのか。

幸福でやりがいあるけど、若い家族がまねできない
ビジネスじゃだめ。
幸福でやりがいあるけど、貧乏では、あとが続かない。

さあて、ここからどうやって、幸福でかつ稼げる
ロジックを組み立てられるか。

実におもしろい^^

*ここまで書いたのは、自分の今後の事業戦略の
整理です笑

2015.11.18 NHK徳島と四国放送で放映されました^^

本日は、メディアに弊社関連事業がのりました。

NHK徳島 18:16 上勝町での公営塾について

四国放送 18:30 上勝町カヤックの取り組みについて

ともに弊社に所属する地域おこし協力隊2名の報道でした。

関係者の皆様には厚く御礼申し上げます。

12246607_889432334485855_8683262632347602584_n 12274715_889432321152523_7834816789721530148_n 11988431_889433767819045_6725264263010977694_n 12247008_889433804485708_7746231539068338877_n

 

<「やりっぱなし地方創生」というタブー>

地方創生というブームの前から、なんだかんだと

先進地域をはじめ、いろいろ勉強しているんですが
結果的に、やり始めの時は大きな声でメディアに乗り
あとは知らんぷりを決め込む「ワルモノ」も多い
ことに気が付きます。

仕掛け人「タブレット導入した。メディアに乗った。」
知らぬSNSの民「すごーーい。」

けど、いまは、使っていないとか。

仕掛け人「建物作った。めっちゃおしゃれ。」
地元じゃない民「かっこいーーーい。」

けど、いまでは赤字垂れ流し。

いまでもどこやかしこで、そういうプロジェクトが
有象無象にあるように思えます。

そういうプロジェクトを仕掛ける人々は、
おうおうにして、「デカイ話」が好きです。

「ハヤリもの」が好きです。

「メディア」が大好物です。

よくよく気を付けましょう。

仕掛け人の評価基準は、現在進行形で
「やりつづけている」かどうかです。

成果を出したように見せるのがうまい
劇団タイプの人は魅力的ですが、気を付けて
ください。

地方創生は、短距離でもあり、長距離でも
あります。

おにぴ拝

Fランクの徳島市w

http://news4vip.livedoor.biz/archives/52125388.html

2ちゃんねる、おもいっきり本音ベースで書かれているので、ある意味、

虚の多いメディアよりも、意見のやり取りはおもしろい。

都市圏以外の都市を勝手にランキング付けしたものですが、実に

ユニークです。

拠点性・経済的賑わい・交通(鉄道・道路・空路・航路)・教育(大学)・文化などをもとに、三大都市圏以外の主要都市の都会度を格付けしてみた。
なお、三大都市圏は首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城南部)、京阪神圏(大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山)、名古屋圏(愛知・岐阜・三重)ね。
主要都市は画像も貼る予定。

S+ 福岡市
S 札幌市
A 仙台市 広島市
B 新潟市 静岡市 岡山市 北九州市 那覇市
C 宇都宮市 浜松市 金沢市 高松市 熊本市 鹿児島市
D 盛岡市 郡山市 高崎市 長野市 松山市 長崎市 大分市
E 函館市 旭川市 青森市 秋田市 山形市 福島市 水戸市 長岡市 松本市 沼津市 富山市 福山市 高知市 宮崎市
F 帯広市 八戸市 いわき市 前橋市 甲府市 福井市 倉敷市 下関市 米子市 松江市 徳島市 久留米市 佐賀市 佐世保市
G 釧路市 弘前市 伊勢崎市 太田市 日立市 上越市 富士市 呉市 山口市 鳥取市

ぜひみてくださいね

堤幸彦という人のおもしろさ

SPECをhuluでたまたま見た後、ケイゾク、TRICKと再視聴。

独特の映像構成。不可思議な世界。笑いのオマージュが満載。

面白いなあ。。
wikipedia堤幸彦https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%A4%E5%B9%B8%E5%BD%A6

ブログhttp://blog.goo.ne.jp/yukihikotsutsumi

 

西崎義展『「宇宙戦艦ヤマト」を作った男』

ボクの子供時代に熱狂したアニメの一つが、宇宙戦艦ヤマトであり、

ガンダムであり、のちのエヴァンゲリオンにもつながる、王道のアニメ

だった。

そのヤマトのプロデューサーである西崎氏の生き様を描いた

本。

もうこんな人出てこないだろうな、という人がどんどん亡くなっている。

日本がどん底だった戦後を生き抜いてきた人たちは、やっぱり

面白い。えげつないほど、面白い。

論理と圧倒的な実行力に、虚実と愛人の影。

無菌主義の平成の世には生きにくい人だろうけれども、

こういう昭和な光と影の人物が夜を動かしたんだろうなあと。

好きか嫌いか評価の分かれる人物がぎらつけた時代、

そこにちょっとうらやましさを感じる。

 

そんな本でした。

書評 http://www.excite.co.jp/News/reviewbook/20151014/E1444757153824.html
Wikipedia 西崎氏について

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%B4%8E%E7%BE%A9%E5%B1%95

 

 

<データでみると。。ホスピスが必要なんだな過疎には というお話。で、どううごく?>

http://agora-web.jp/archives/1660138.html
僕としては、
①予算ついたから消費している過疎自治体は残念ながら
無駄遣いといわれてもしょうがない。
実際にいくつか見かけます。。。
②消滅した後、都市も生き残れるかという問題には
ふれてない。
出生率の高い田舎が弱ると都会も弱るという点は
この記事では明らかにされていない。
③しかし、リアルに考えてみて、同じような地域再生
ネタの焼きまわしも多く、痛い指摘であるのは
間違いないわけで。

ほな、どうすんの? って話を12月19日に合宿
やりますよと,CMにはいるおにぴは、だめなオトナ笑

地域再生ワークショップついに決定^^ 

ついに、プレ勉強会の告知です^^

地方創生が声高々に叫ばれて、予算が付いたものの、
結果的に、地方同士がTOKYOという巨大都市の
人材を奪い合うゼロサムゲームに陥ろうとして
います。

また、田舎はいいと叫んでみても、都市に集中する
のは、都会がやっぱり魅力があるからで、田舎の
よさをもう一度組み立てなおし、自然や空気がうまい
というレベルでなくて、本当の意味で、幸福な田舎
を作らなければ、ゼロサムゲームの最終話は、
「そしてだれも幸福じゃなくなった」では
つまりません笑

そこで、本当の意味での地方創生を考える
合宿をやってみたいと思うようになりました。

対話が目的ではなく、完全に、自分の地元で
やれる実践的なアイデアと中身を見出す。

これに絞ったものを作る合宿です。

とはいっても、とはいっても。

まじめくさって考えても、疲弊するだけ。

ゆるーく、そしてからーくやりたいと
思います笑

●コンテンツ
12月19日
12時  月ヶ谷温泉集合・食事
13時 第一回町内見学
ゆるーくヒアリングして視察。
町民にヒアリングして、なにが
上勝の強みかを探る小旅行。

17時 シェアタイム
各自の小旅行をもとに、議論。

19時 温泉と自炊?でごはん
予定調和に終わらない、ゆるやかな
時間。自炊になるのか、外で食べるか
もすべて現場で決定。

21時 朝まではやらないけど生討論
教材「地方創生のリアル」
http://toyokeizai.net/category/chihou-real
各自気になった記事をもとに、
議論。互いの地域の問題点と課題を
浮き彫りにしていく。
<就寝>

12月20日
9時 あさごはんと第二回町内見学
11時 シェアタイム
前日と違った観点で見えてきた町内
の姿から、何から実践していけば
いいのか、議論。
12時 暫定終了

●定員 4名(先着順)
●参加費 1万5千円(宿泊及び研修代)
入金口座
徳島銀行勝浦支店
普通口座8516907
一般社団法人ソシオデザイン
代表理事 大西正泰
●講師 一般社団法人ソシオデザイン 大西正泰
●申込  info@bizcafe.info もしくはフェイスブックhttps://www.facebook.com/events/1517652831880134/