<スローフードまとめー感想ー>

 おはようございます。修道院ホテルでの生活のためか、早起きになじんでしまったおにぴです^^

 さて、10日間にわたる日本とイタリアでの濃密な体験。まずは、全体を振り返ってみて、そこから各個別の話に行きたいと思います。

 しかし、最初にぶっちゃけていってしまえば、”めちゃくちゃいい体験だった”ということです。そして、ボクが思っている街づくりの方向性と課題。これは当たりまえのことでもあるし、最先端の課題だとも確信できました。

 朝から飛び切りうまいコーヒーを飲んで書き始めました。この深煎りのコーヒー豆は日本の千葉で活躍している小澤陽佑
https://www.facebook.com/aka.oja?fref=ts
からもらったもの。深煎りなのに、必要以上に濃さを感じさせない。彼の仕事ぶりが伝わるコーヒーです。

 帰ってきたから、振り返ってみて、やっぱり血が騒ぎだしましたた、熱くなりました。シンプルですけど、やっぱり、まじめに生きている人間の力はすごいなあと。ビジネス書で安易に、売れるには物語が必要だなんていうことばがうさん臭くなるぐらい、本物には本物の過程があるんですよね。この本物の過程を経てきているから、物語が生まれる。ある意味、本物のものづくりって「神話」なんですよね。土づくり、海づくりに邁進するローカルな人たちが紡いだ”仕事”なんですよね。まさに、神話にふれた10日間でした。
  

(1)なぜスローフードに・・・
  最初は単純な話で、佐賀の友人鳥谷憲樹https://www.facebook.com/toriya.kazukiから「いってみたらいいですよ」というお誘いから。最初は聞いたことあるけど、スローフードってなんだろうぐらいの感覚。正直、行くと決まった前後の審査プロセスも、受け取ったmailの段取り見ても、まあ、ざっくり感漂うもので笑、非常に気楽に考えていたというのも正直なところでした。また、後々にその理由もわかるのですが、事務局とほかの人とのメールのやり取りなどを見ていても、盛り上がるわけでもなく笑。まあ、正直、自分で期待値を上げていくしかないなあという感じでした。

 渡航に際しては、二つの観点でみていて、一つは、アグリツーリズムなどに代表される「暮らし方そのものを観光素材にする」発想を体感してくることでした。
 ビジネスになる観光素材の多くは、①オンリーワンな自然、②金持ち、権力者の遺産。③特産物。この3つにほぼ集約されるのではないかと思っています。しかし、8~9割がたの街というのは、オンリーワンなエリアも持たず、遺産もなく、ただ沢山採れる特産物があるだけという事情だと思います。そうなると、①②③ともに持ったエリアとは違う発想でいかないといけない、それでいて、”地元にある”もの。そこで生み出されるものというのを考えていく上で、「暮らし方」そのもの、そこで済むそれぞれの人の「生き方」そのものを観光素材になっていくようにすることが、一番の観光の良さだろうなと考えていたので、その先進地でもあるイタリアで学んでみたいなというのがありました。

 二つ目に、街づくりの観点から見たときに、単独自治体での勝負を繰り返しても意味ないなというのが現時点での思いです。一つには、人口減少は日本全体で起きていることで、元気な単独自治体が数パーセントできたところで、問題解決にはつながりません。それよりは、自治体連携、民間連携をどんどん増やし、元気なエリアを広げていくことしか、最終的には方法がないのかなと思っています。
 この発想をもとに、昨年は地元にいないで外にばかり出ていき続けたことで、地元での成果が出ず、町から委託事業の継続破棄寸前までいきましたけど、自分の解決方向としては、この方向でしか、根本解決していかないと思っています。
 そのなかで、大事なのは、パートナーを組める人、地域です。点だけで考えるのでなく、点と点を結び、その間の関係性=魅力をどんどん互いに交流させて、うねりを生み出していく、新陳代謝を常に生む、よどみを起こさせない仕組みにしていかなければ、たぶん、圧倒的なリーダー台頭を願ったり、だれもが無責任に「なんもしないことがメリット」になるような地域や組織を作ってもだめだろうと。

 今思えば、こういった思いでみてましたけど、本当に、期待値なかったです笑。

 渡航前に日本代表団のメンバー表みて、面白そうだなあとは思ったものの、スローフードそのものには、今一つ手ごたえを感じるものがありませんでした。

<続く>

テッラ・マードレ= サローネ・デルグスト2016の

ポートランド視察

<幸福度数×創造度数×○○=?>
今回のポートランド行の目的、そういえば、書いていませんでしたが、

このたびの目的は、上の掛け算ができるかどうかを
WIN_20150619_063410考えに行く視察でした。

 いま取り組んでいるフィジー留学。
昨年Gallap社調査では、フィジーは世界で最も幸福
度数の高い国だといわれています。

いま次の取り組み先として考えているポートランド他
のエリアは、創造都市として、また移住したい都市として
有名です。環境都市としては全米1位、世界でも2位の街の
ようです。

これにとある○○のエッセンスを加えて、何かできない
だろうかというのが、そもそものアイデアのような、いや、
ただ行きたかっただけというか。。。笑

++++++++++++++++++++++++
幸福×創造×○○=?なことが出来ないだろうかと
考えております。
++++++++++++++++++++++++

フィジーも人口80万人、国土面積は四国程度。
徳島県が約76万人。なんだか近いぞ笑。
ポートランドの人口60万人、市の面積は、徳島市と鳴門市を
足したぐらい。
もっともっと実感わいてきたぞ^^
*オレゴン州は、ちなみに、日本の7割程度の面積です笑
+++++++++++++++++++++++++++
実は、よく似たサイズ感覚でできそうなことがあるんじゃ
ないのかなというイメージです。
+++++++++++++++++++++++++++

教育に当てはめても、いま世界でおもしろいことが
行われているエリアというのは、それほど広いものではない
という感じです。

実に、県サイズ市サイズで、面白いことがかなり
できるということです。

ボク自身が目指している、幸福度数と創造度数を
矛盾なく合していきながら、経済的にもそれなりに
成果を出す。

これは地方都市のサイズだからこそできる話だと
実感しました。
暇だからまじめです^^

<「街を作る」という目線>

 今日は、前々から行こうと思いつついけてなかった
代官山蔦屋に。

 正直に言えば、本の量は思ったよりも少ないものの、
カフェもあれば、セルフレジも視聴コーナーも充実。

JR恵比寿駅から、ゆっくり街並みをみながら、
周辺もみてきたけれども、この蔦屋の周辺も
おしゃれな店も多く、空間としての価値が高い。

本屋というには、かけ離れたものではあるかもしれない
けれども、外国人も多く、本屋なのに、観光地という
おもむき。

150614_1526~01[1]

 

 

 

 

 

同じ敷地内に、カフェレストラン、動物病院、サイクリング、
おもちゃ屋に、アート展示と、感度の高い人が集まりやすい
仕掛けができており、集積効果が非常に高くできている。

代官山というよりも「TSUTAYA街」の様相でした。

いろいろとみたけれども、このアンテナの高いお客さんに
的を絞り、空間価値を高める集積というアプローチは、
やっぱり効果が高いし、はずれがない。

田舎では、イオンが、その土地にはない「お店」を
集積させて、郊外に巨大な「商店街」を作る。

これもまた、一つの空間集積である。

このように考えていくと、大きな資本が入って、
「街」を作るというのはアプローチとしてはありで
したが、外からの「街並み」としてはイオンはよろ
しくないレベル。巨大要塞にしか見えないが、商業効果は
高い。
*いま新しく作ろうとしているイオンモールは
街並みを意識されていますが。

ならば。

小資本で街を形成することができるならば、これは
田舎でも十分可能。特に、人口が減った街ならば
余計に「やりやすい」。

と考えると、どんな「街」を作るのかという観点で
考えるのが、すごく面白い。

商店街、オフィス街、門前街などなど、歴史的に見ても
そういう集積があったし、いままで伝統的に行われてきた
街形成のアプローチともいえますよね。

では今迄になかった「~街」というのをどう作るのか、

そのためには、街のコンセプトを象徴する「ランドマーク」
*今回なら蔦屋さん に何を置くのか?

非常に明確になってきた部分がある。

が、逆に、まあ、つまんない街は作りたくない。

さあ、明日からもいろいろ人に出会いながら、
アイデアを練りこんでいきたい。

ミーティングin岡山

岡山県[Iターン・Uターン創業]を増やしたいと自治体様よりご相談いただきました。

地域おこしに頭を悩ませているのはどの自治体も同じことのようです。

先日は現地へ足を運び、土地の魅力、産業の魅力などをヒアリングした後、実際の町並みをくるりと視察しました。

なんというか、とっても魅力満載な街です。

推しどころがたくさんあって何でもできそう。反面、どこを重点的に進めていくのがいいか。

今後アイデアの洗い出し、どの角度からプロジェクトを仕掛けるかを慎重にすり合わせていくことになります。

 

また、地元でコーヒー店を経営しているご夫婦とお話をする機会があり、人の良さと店の雰囲気に胸を打ち抜かれました。魅力的なトコロへは吸い寄せられるように人が集うものです。

 

IMG_0272

前例があるからどの自治体でも同じやり方が当てはまるものではなく、

独自目線もいるけど突飛なものは受け入れられにくい。

でもどこも同じようだと差がつかないし選んでもらえない。

そんなことを感じた視察でした。

タケ。。。