地方創生SDGs官民連携プラットフォームの3号会員(民間)になりました!

地方創生SDGs官民連携プラットフォームの3号会員(民間)になりました!

wpmaster 2019-07-09

地方創生の課題は、「持続可能性を失いつつある」という点にあります。
そこで、地方創生を軸とする事業を行なっております弊社も、官民連携で進めていくうえで
インプットおよびアウトプットの連携が可能なように、以下のプラットフォームに参画することに
しました。

地方創生SDGs官民連携プラットフォームについて http://future-city.go.jp/platform/
+++++++++
2015年9月に国連で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の中核文書である「持続可能な開発のための目標(SDGs)」が示す多様な目標の追及は、地方自治体における諸問題解決に貢献し、地方の持続可能な開発、すなわち地方創生に資するものといえます。
地方自治体におけるSDGsの達成に向けた取組と、それに資する「環境未来都市」構想のさらなる推進を通じた、より一層の地方創生に向けて、地方自治体及び地域経済に新たな付加価値を生み出す企業、専門性をもったNGO・NPO、大学・研究機関等の広範なステークホルダーとのパートナーシップの深化、官民連携の推進を図るため、「環境未来都市」構想推進協議会を発展的に改組し、「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」を発足することとなりました。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

会員情報(平成31年3月末現在)

区分 会員数
一号会員(都道府県、市町村) 254団体
二号会員(関係省庁) 12団体
三号会員(民間団体等) 379団体
合計 645団体

になっており、弊社は、三号会員(民間団体等)となりました。

これから、持続可能な街づくりを目指すために、引き続き邁進していきたいと
考えております。