サステイナブルであるということ

 持続可能=サステイナブルということで、徳島県上勝町では持続可能な街作りに取り組んでいる。

 その最も際立っているのが、ゴミゼロを目指すというゼロウェイストである。

 日本の歴史をふりかえると、江戸時代が最も資源が有効に活用され、サステイナブルな時代だったと再評価されて久しい。

 当時、唯一の100万人都市だった世界最大の街江戸をサステイナブルな社会にしていたのは、その循環型の仕組みである。
 
 ありとあらゆる資源を繰り返しつかい、上手に運営していたわけだ。

 とくにおもしろいのは、一定の期間で、火事や地震などの災害に見舞われても、木造建築を使い続けた点にある。
 
 一定の周期で大量に木材を消費することが、景気の高揚を産みつつ、大量の木材を消費することで、ヤマの管理が行き届いたところに、おもしろさがある。

 大量消費が逆にヤマの管理を維持させ、豊かな国土を保ったというおもしろさである。

*石積みの技術もアリながら、石造りの家を作らないところにはそういう家を消耗品として使うことで結果的に循環が起きたことを知っていたのかもしれません。 

 いま、ヤマがあれ、結果的に豊かな栄養をもった水が減り、海の漁獲量も年々減ってきている。

 これは、ヤマの管理が行きとどかなくなったことが大きいと言える。

 *加えて、ベルギーなどのヨーロッパで木造資源を上手に使えているところに比べ、傾斜が急で、大型機械でばっさりと切れない=合理化が進まない、日本特有の問題点も大きい。

++++++++++++++++++++++++
 とすれば、循環型の木材の大量消費をどのように
引き起こしていくのか。
++++++++++++++++++++++++

 法律を作って、素材は「木材に限る」というものを出し、木造の町並みを新たに作っていくというのも新たな観光立国としてはアリなのかもしれないが。。。

 まあ、できないでしょうね。。。

 今後の課題としては、この林業再生を、どうやって経済として成り立たせつつ、環境を保護すると言うよりもより環境を活かすほうにもっていけるのか。

 かんがえないといけないなあと思う、講演前のひとときです。

「空気」ー好景気は自治体単位で起きているー

今日もボクの仲良しの神山の人々が、幸せそうに働いていた。

 細かいことを言えば、ストレスがないわけじゃないだろうけど、
楽しそうに生きている。

 地元の人も、移住者も、協力し合って。

 そして、その「幸せな空気感」が、後から起業する人の後押しに
「背中を押してくれる」作用ができている。

 投資家でも銀行でもない、この後押しこそが、起業家が過疎地域
でも増える最大のエンジェルだろうと思った。

++++++++++++++++++++++++++
 これ、自治体単位で起きている「好景気」だなあと。
++++++++++++++++++++++++++

 そういえば、4年前にボクは、上勝で体感した。

 一ヶ月間いっしょに合宿生活をし、田舎暮らしを
体験するあの暮らしでは、毎日が濃密で毎日が波乱の
熱量があったが、その熱量が「移住を促した」といえた。

 この「熱量を仕組み化する」っていうのがむずかしい笑
 
 けれども、日本という国を好景気にすることは大変だけれども
小さな自治体のサイズなら、充分あり得るなと、最近体感している。

++++++++++++
 幸せのバブルを創る。
++++++++++++

 今年はこれがテーマだな笑
 泡が消えても、次から次へと泡が出てくるバブルなら
いいじゃないと笑
 
 お金のバブルでないので、実態(カネ)がなくたって、
幸せならいいんじゃないのかなと。
  
 ま、そういうのを思いながら、帰ってきました。

 次のバブルが起きるところがどこか、楽しみだなあと
思います。

 おにぴ拝

公募じゃだめです、ヘッドハンティングにいかねば

一緒に仕事したい人をどんどん探したほうが、効率がいいです。

そういえば就職活動も、これからは部分的にでしょうがそうなるような気がします。

大企業を筆頭にヒエラルキーになった就職説明会の会場で、1ブースに何十万、数百万かけたり、本気かどうかの見分けをつけるために苦労するエントリーシートを選ぶ時間に人手をさかれるよりも、社長自ら大学生と交わり、直接、愛を語ってとりに行かねば。

もし、やる気はあるけど、広報べたというお困りの自治体さんあれば、いつでもヘッドハンターします。

4月からうちが手がける地域おこし協力隊員候補は、ヘッドハンティングでやってます。

探せばかならず、いいひとがいます。

今年度の起業インターンは定員一杯

 2月から3月までの平成26年度の起業インターンにつきましては定員を満たすことができました。

 ほんとうにありがとうございます。

 地方再生の関心が増えたこと、そして田舎での起業を学べることなど、学生・社会人共に貴重な体験をできるということで、口コミで海外からの申し込みも増えてきました。

 来年度4月からは、経営者目線を体感していただくために、
「社長の鞄持ち」を学習ツールとしてメインにしながら、

 ①「生き方働き方」コース
   起業や企業研修などを通じて、生き方働き方を上勝町
   のみならず、近隣の先進地域などに行きながら学ぶ。
  
 ②「地域再生」コース
   弊社が運営しているシェアカフェ、シェアバー、ゲストハウス
   などの運営を通じて、地域と関わり合いながら、起業による
   地域再生手法を学ぶコース。

 ③「起業」コース
   上勝での起業を念頭に、起業のノウハウを学びつつ、カリキュ
   ラム内容は1人1人のヒアリングによって作り上げるオリジナ
   ルコース。

 の3つを軸に行っていく予定です。
 
 参加条件はこれまでと同じですが、参加費用を少し変えました。
 学生・・・3万円(一ヶ月以内)
 社会人・・5万円(一ヶ月以内)
 となります。
 
 半年や1年といった休学した学生向けにも対応しています。
 また、全国に増えている地域おこし協力隊の新人研修も
 行う予定です。

 研修対象者には、協力隊隊員、受入自治体職員が対象です。
 2泊3日から1週間程度の内容です。
 詳細はおって掲載していきます。
 
 また、お問い合わせはいつでもお待ちしております。
 起業インターンにつきましては、info@bizcafe.infoまで
 ご連絡下さいませ。

 おおにし拝

「どうにかなりそう」が次の起業集積の鍵?

 ボクが上勝に住み始めた3年前には、新規創業は、観光と
 エネルギー系で取り組み始めた2社だった。

 この4年で改めて起業している会社を振り返ってみると、

 上勝(10社) 
 
 観光系(2社)カミカツーリストさん、上勝ランデヴーさん
  飲食系(2社)ペルトナーレさん、喫茶いくみさん
  農業系(1社)いろどり晩茶生産組合さん
  地域再生系(5社)
   地職住推進機構さん、RDNDさん、マチとコトバさん
   弊社2社(ソシオデザイン、キキーキャート)

 も産まれたことになる。
 今年の夏にも、2社できそうであるし、1700人の街としては
 異様な現象が起きているといっていいかもしれない。
 
 お隣の神山もサテライトオフィスがボクが知りうる限りでも
11社以上になっているだろうし、新規創業だけ見ても、

 この4年で見ても、

 神山(7社)
  飲食系(4社)
  製造系(1社)
  放送系(1社) 
  観光系(1社)  

 ボクが知りうる限りでも、7社は最低でもある。
 *新規に神山でという条件でカウントしみてみた。
 徳島県に広げれば、サテライトオフィスは20社以上に
 なっているし、なんとなく、不可思議な現象がここ数年で
 おきちゃったのがよくわかる。

 先日、大学院のプロジェクト研究でヒアリングに
 上勝神山を調査しました。そのさいに、思いかけず感じたことが
 ありました。

 +++++++++++++++++++++++++ 
 ①上勝と神山の起業及び企業風土の違い
  ー「どうにかしたい」と「やったらええやん」ー
 ②成功してから起業した第二世代の
  「どうにかなるかもしれない」感覚
 ++++++++++++++++++++++++++

 お互いに共通点は、「新しいことをやってもいい」
 文化を持っているところです。これは、いろどりビジネス
 やアートインレジデンスでともに作り上げたものだろうと
 思います。新しいことを認める”基礎インフラ”ができている
 点は共通しています。

 しかし、違いもあります。 

 役場と民間の相互作用がうまくいっている上勝と、
 民間が主導している神山の違いなど、外的環境の違い
 もあるのでしょうが、空気感はかなり違います。
 
 上勝だと、人口が1700人なので、危機感が先に立つ
 部分が占める割合が高いので、やることにスピード感
 が求められていますし、誰もが「ヨソにない、他にない」
 ことをやるしか生き残りはできないという共通認識が
 あります。

 また、企業間もそれぞれを意識しつつも、互いが
 競争相手になっている部分も有り、「バラバラだけど、
 共通目的を抱いている」風土です。

 ところが、神山だと、人口も3倍近い5000人以上。

 また、グリーンバレーのもつ文化がもたらすもの、
 東京をベースにするサテライトオフィスが多いことなど
 もあり、独特の「ゆるやかな連帯」ができています。

 互いの企業間も「居候仲間」という感じがあって、
 よく情報共有の飲み会も頻繁に行われています。

 楽しいから集まってくるといった方がよいかも
 しれません。 

 これらの風土があいまって、つい最近起業している
 人のヒアリングをすると、ともに、起業に対して
 「どうにかなる」感覚がうまく作用している様に
 思います。

 *楽しいだけじゃないところがミソですね。

 この起業に対する不安がもっとも起業集積を損なう
 リスク感覚なんですが、周りも楽しく人生を謳歌している
 し、自分の道を突き進んでいる様子を見ている次の世代の
 起業者の人々は、3年前の起業とは異なり、「どうにか
 いけそうな空気」を感じ取っている気がしました。

 ボクも15年ぐらい起業家教育をやっていますが、
 この「どうにかなる空気」っていうのは非常に大事な
 気がしています。

 また、2002ー2005年頃の起業ブームの時に感じた
「あいつがやれるなら俺もやれそう」みたいなのも
 重要な要素なのですが、「どうにかなりそう」という
 セーフティーネットの風土は、非常に大きな要素に
 なっているように思います。

 これは、バブル期にも感じたことですが、なんか
 周りの空気が熱せられてて、自分もぽっかぽっかしてくる
 感覚というのは、起業集積においては、大事なポイント
 だと思っています。

 そういう面で、まだまだ徳島での起業集積は、続いていく
 だろうなと思っています。

 非常に楽しみです^^